盛岡じゃじゃ麺

盛岡じゃじゃ麺 大阪 緑橋

盛岡じゃじゃ麺の歴史

50年程前、旧満州で過ごした方が現地で食べたジャージャー麺を終戦後の盛岡で販売を始めました。
そこで盛岡人の舌にあうように試行錯誤を加え、現在の「盛岡じゃじゃ麺」が完成しました。
※諸説あります。

ジャージャー麺とじゃじゃ麺の大きな違いは、中華麺ではなく日本人に親しみのある
うどんのような麺であることです。

盛岡冷麺

盛岡冷麺 大阪 喫茶店

盛岡冷麺の歴史
1950年代に朝鮮から移住してきた方が盛岡で開業しました。
故郷で食べた味は特徴が有り当時の日本人には
受け入れられませんでした。
そこで何度も研究をし、そば粉を小麦粉に変えた麺を使ったものが今の盛岡冷麺です。
※諸説あります。

冷麺は暑い夏にもいいですが、本場朝鮮では寒い冬に食べる料理だそうです。
暑い夏にも、寒い冬にも違った美味しさを感じられる盛岡冷麺をぜひご賞味ください。